東京の葬儀に関する考察

日本の首都である投稿では様々な価値観を見ることができます。その価値観の一つに葬儀のあり方を挙げることができます。昔は葬式と言うと多くの参列者が見られ、結婚式と同様に盛大にして、あの世へ送り出してあげるのが一般的でした。しかし現代では首都圏を中心にこうした従来の葬儀のあり方に疑問を持ったり、違った価値観を見出す人も多くなっています。東京と言う大都市では、人間関係の希薄化が深刻な問題になっています。夫婦共働き世帯も多く、自宅にほとんどおらず、近隣との人間関係が希薄になっています。そのため自分が亡くなっても葬式に参列してもらう人もおらず、盛大に葬式を執り行う必要性のない人が増えています。また所帯年収が減少傾向にある中、費用のかかる盛大な葬式を執り行えない人も増えています。そこで身内だけで執り行う家族葬が人気になっています。

東京で見られる葬儀のありかた

東京は日本の中心であり、首都でもあります。そのため多くの人が集まり、様々な価値観が見られるようになっています。その代表的なものが結婚式という事ができるでしょう。かつてバブル期には誰もが盛大にお金をかけて、結婚式を執り行うものだと信じて疑いませんでした。しかし現代はデフレ景気であり、誰もが盛大な結婚式を執り行うことができず、様々な価値観やスタイルが反映された結婚式を見ることができるようになっています。またこうした傾向は葬儀にも見られるようになりました。サラリーマンの年収が減少の一途を辿る中、高額な葬式の費用が捻出できず、一般葬ではなく家族葬や直葬で葬式を執り行う人も少なくありません。家族葬であれば一般葬の三分の一以下の費用で執り行うことができます。このように日本が不景気であることで、様々な価値観が見られるようになっています。

東京で見られる新たな葬儀スタイル

日本はデフレ経済からなかなか脱却できず、雇用が不安定であったり、生活の質がなかなか向上しません。そのことで東京をはじめ、全国規模で経済格差が生じているのは紛れもない事実です。こうした景気を背景に、昔では考えられない様々な価値観が生まれています。昔は誰もが人が亡くなると一般葬で盛大に故人を偲び、天国へ送り出していきました。しかし現代ではその葬儀に対しても様々な価値観が反映されるようになっています。最近首都圏では家族葬が人気になっています。家族葬とはごく限られた身内10名程度で葬式を執り行います。一見寂しい葬式に見えますが、メリットもあります。それは誰の目をはばかることなく故人を偲び、きちんと最後のお別れが出来ると言う点です。一般葬であると会葬の挨拶や、食事、返礼品の手配などに忙殺され、故人とじっくり向き合うことができません。しかし家族葬であると遺族の納得のいく忘れがたい葬式が可能です。

支払い方法はクレジットカード、現金、分割払いに対応。 追加料金一切不要のお葬式を提供しているので、万が一不当な請求があった場合は返金を保証します。 49万3千円の「小さな家族葬」。参列者が少ないため、ゆっくり故人をと過ごすことができます。 利用頂いた方の声をHPにて公開しているため、生の声を見ることができます。 お葬式は「小さくていい」というお客様のニーズに合って、急成長ができた。東京の葬儀対応エリアについてはこちらから