弔電の安くて効果的な送り方

弔電というと、故人の訃報を聞いた後で、お通夜やお葬式に参列できない人が弔意を表わすために打つ電報のことです。これまでは、116に電話して申し込むのが一般的でしたが、最近はインターネットが普及して、インターネットから申し込んで、ネットショッピング同様にクレジットカードでの決済という方法で申し込む人が増えています。ネットで扱っている業者もいくつかあるので、安くて気に入った台紙弔電を選ぶことが出来るようになりました。ただし、これまで使ったことが無い業者に依頼するのは、ちょっと不安があります。ましてや、弔電のようなものですから、当日に届かなかったりしたら、意味が無いということになってしまいます。ただ、現在サービスを行っている業者は、どこも実績がある業者ですから、そんな心配はいらないでしょう。安くて気に入った台紙がある業者を選んでください。

弔電の利用方法と料金

今年に3回弔電を送りました。社会人になって初めて電報を送る経験をしたのですが、はじめはどうしたらよいのか全く分からずに、上司に聞いたりして手続きをしました。一度してみると意外に簡単で料金などもわかりやすく2回目以降はスムーズに事を運ぶことが出来ました。利用したサービスは、電話会社が行っているサービスで、専用の無料ダイヤルにかけると、一から丁寧に教えてくれて、台紙選びなどを行い、電報にうつ文字数によって金額が変わってきます。定型文などを利用しているのですが、前もって予算を伝えるとその通りに工夫してくれます。電話する前に、通夜や葬式の日時、亡くなった方の名前などを正確に把握しておく必要があり、事前の準備をしておくことでスムーズに事が進みます。お金は次の月の携帯電話の料金に加算されるために、後から同僚などと割ることも可能で便利に感じました。

弔電を送るときに知っておきたいこと

お通夜や、お葬式などに遠方であったり、都合が付かない場合には、弔電を送られることをおすすめしておきます。その際、どのようなことに気をつけてもらいたいのかをあらかじめ知っておかれることをおすすめしておきます。まず、送り先は喪主宛にすることです。また、喪主宛に贈る際にも自宅で行わない場合があります。そういったときには受け取りをしてもらうことができないため、きちんと式の会場などを聞いてからおくられることをおすすめしておきます。それから弔電の場合には、どうしても急を急ぐことが多く前もってなどといったことができません。そのため迅速な対応をされることが必要になってきます。また、文面などもなかなかこういった急なことでわからないといわれる方がおられます。そのため、喪主にとってだれがなくなられたのかを確認しておき、例文から選ぶことをおすすめしておきます。