弔電の時のあて先は喪主にする

お世話になっている恩師の先生、会社でお世話になった上司や上役の人などがいます。それらの人は自分自身とはかなり年齢が離れている場合があります。自分が若い時はそれらの人もまだまだ働き盛りでも自分達が働き盛りになってくる頃には既にリタイアされている場合があります。そして場合によっては病気などになられていることもあります。病院などがわかればお見舞いに行くこともあります。残念ながら上司などが亡くなったときにはできればお通夜やお葬式に行くようにします。でも場所が遠かったり、時間の都合がどうしても合わないために行くことができない時は弔電を送るようにします。では誰を宛先にするかです。世話になったのは上司や先生などです。でもこのときの宛先として適しているのは喪主になります。訃報を聞いたときには喪主が誰になるかも聞く必要があります。

弔電は葬儀の前日までに打つようにする

お祝い事としては結婚式などが知られています。祝電を打つことがありますが、その日のうちに届くようにするのが良いとされています。式が午後であればその日の朝に打ったとしてもその日のうちにつけることができるでしょう。このような書類などについてはいつつけることができるかもポイントになります。あまり早すぎるのは問題です。かといってあまり遅くなりすぎても問題があります。弔電を打つときにおいてはいつまでに打つようにすればいいでしょうか。そのときの目安としては葬儀がある日の前日までに済ませます。スケジュールとしてはお通夜があってその次の日に葬儀が行われるパターンになるでしょう。ですからお通夜があるときにはついていても問題ありませんん。お通夜に関しては焼香などがメインになるので読まれることはありません。当日以降に着くのは良くありません。

弔電は葬儀が行なわれる場所に送る

結婚式はあまり自宅で行われることはありません。かなり広い場所が必要です。大きなお屋敷を持つような場合はできるかもしれません。一方でお葬式の場合は場合によっては自宅などで行われることがあります。お葬式もある程度場所が必要になりますが、多くの場合は座布団などに座るスペースのみなので結構人は入ることができます。田舎などであれば自宅に僧侶を招いて行なうことがあります。弔電を送るときにはどこに送るかがあります。葬儀の場所がわからない時は自宅などに送ることがあるでしょう。基本としては葬儀が行なわれる場所に送るのが正しいマナーになります。自宅で行われるときは自宅でもン台ありません。一方葬儀場であったりお寺などで行うときはそれらの場所になります。葬儀場の場合は複数行われることがあるのできちんと宛名を記載しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*