弔電で喪主の名前がわからない時

人が亡くなったときには葬式が行なわれます。このときにその中心的役割を担うのが喪主になります。故人にもっとも近い家族などがなることがありますが必ずしもその人がなるわけではありません。高齢の夫婦の夫がなくなったとき、通常は妻が喪主になります。でも妻の体調が良くない場合は子どもが代わりに喪主になることがあります。ですから恐らくそうだろうと決め付けてはいけません。弔電を送りたいけども喪主が誰かわからない、名前がわからない時があります。このときにはどのようにして書くかがあります。一応まず故人の名前を記載します。そしてご遺族様、遺族ご一同様と続けます。そうすることによってその家族に対して送ることができます。あくまでも送る相手は喪主であったり遺族になります。故人に世話になっていても故人に対して送るわけではありません。

弔電にいろいろな台紙がある

結婚式の祝電を送ろうとするとき多くの種類があるのに驚くことがあるでしょう。かつては通信会社が用意するものしかありませんでしたが、現在は多くの会社が用意しています。ぬいぐるみなどを送ることもできるようになっているので、何を送っているのかわからなくなる場合もあります。その他メロディーつきのものなども喜ばれることがあります。めでたい場合にはよさそうです。お悔やみとして送るのが弔電になります。お葬式に出るにしてもかなりシンプルにしないといけないとされていますから派手にするのは良くありません。台紙に関してはどのようなものがあるかですが、基本的にはシンプルなものになります。刺繍がされているものもありますが、派手になってはいません。押し花であったり、花を付けられるタイプもあります。ブリザードフラワーなども送れます。

弔電はいつまで依頼で当日配達できるか

郵便物に関しては物理的な移動が必要になります。市内であったり都道府県が同じ様な場合は比較的早く送れる場合がありますが、東京から北海道、沖縄となるとその日のうちに届けるのは難しくなるでしょう。一方情報の場合は物理的な移動が必要ありません。ですから電子メールに関しては世界中に瞬時に贈ることができる場合があります。弔電に関してはどのようになるでしょうか。こちらは依頼をして送ってもらいますが、離れたところでもその数時間後に届けてもらうことが可能です。送る物自体は実物ですが、文章は文字情報だからです。大手通信会社が行っているサービスだとよるの19時までに依頼をすればその日のうちに配達が可能になっています。葬儀が夜遅くに行なわれることは少ないでしょうが、どうしてもその日に送りたい場合はその時間までに行ないます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*